ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーは痩せない?満腹感を出すのに効果的な飲み方とアレンジ

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーは低カロリーです。
他にも粉末タイプのグリーンスムージーを飲んだことがありますが、
飲んだ中では多分一番カロリーが低かったのがナチュラルヘルシースタンダードでした。

 

ナチュラルヘルシースタンダード グリーンスムージー

 

ダイエット目的で考えるとやはりカロリーが低いというのは大事なポイント。
味はもちろんですが、やはりそこも大事です。

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーの口コミを見ていて気になったのが、ダイエットで使っているのに痩せないという口コミ。
なかなか効果が出ない、という口コミも実は少なくないんですね。

 

 

グリーンスムージーで痩せない理由を探る

 

グリーンスムージー

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーは、ダイエット用の薬やサプリメントではありません。
なので、ただ飲んでいるだけ、では痩せないのですね。

 

置き換えダイエット用の食品などがありますよね、一食分、低カロリーなダイエット用食品やシェイクで置き換えることで
カロリーを抑えめにして、総摂取カロリー量を減らすことでダイエットにつなげるという考え方です。
(他にも燃焼にいいと言われる酵素も入っているので、単なるダイエット食よりも効果があるかもしれません)

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーを使ったダイエットも、置き換えダイエットに使われることが多いです。
なので、一食、例えば朝食の変わりにグリーンスムージーにしてカロリーを抑えましょう、ということです。

 

朝食をグリーンスムージーにしたから、とその他に(おやつや昼食・夕食などで)いつも以上の高カロリーを取っていれば
総摂取カロリーが高くなってしまうので、ダイエットになりません。

 

ダイエット用のサプリメントなどは、結構アヤシイものもありますが、グリーンスムージーはそういった怪しさがないですよね。
体に負担を掛けずに無理なくダイエットにつなげられるというのはすごくいいですよ。

 

ただ、その一方で、例えばおやつを減らす、夕飯などを食べすぎないなど、スムージーを飲むこと以外にも少し努力する必要はあるんですね。

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーでの置き換えダイエットをしてもなかなか痩せない・・と思う方は
そのあたりはどうだろう?と一度見直してみてください♪

 

 

腹持ちをよくするには

 

 

 

グリーンスムージーだけじゃお腹がすいてしまってツライ・・お腹がすいてお昼をドカ食いしてしまう・・
なんて場合には、腹持ちをよくするというのも大事かと思いますよ。

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーは粉末ながら、とろみも結構出ますし、腹持ちはいいスムージーだと思います。
それでもお腹が空いてしまう・・ということもありますよね。

 

そういうときには、ちょっと一工夫。
ホワイトチアシードを加えてみてください。

 

よりとろみが出るのと、チアシードのプチプチとした触感が食べる感じになって、新鮮ですし、お腹もちもよくなります。

 

チアシードはオメガ3など、ダイエットや美容面でも注目されている成分が豊富に配合されています。
こちらも、あのミランダカーが愛用しているということもあって、近年話題のスーパーフードです。

 

チアシードの中でもより効果的と言われているのがホワイトチアシードです。
見た目はゴマみたいですが、水の中にいれるととろとろして膨れるんです!

 

なので、普通のグリーンスムージーを飲むよりもより満腹感を得られますよ。
ダイエットにもいいと言われているので、是非取り入れてみてください。

 

 

 

昼や夜、時間を変えて置き換えダイエット。

 

グリーンスムージー

 

置き換えダイエットというと、朝食の代わりにというのが一番多いイメージですが、
昼や夜に行う人もいるみたいです。

 

朝食よりも昼食や夕飯の方が高カロリーなことが多いですし、
特に夜はあと寝るだけで高カロリーは必要ない。なんて話もありますしね。

 

もちろん、昼や夜にナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーで置き換えダイエットに挑戦する、というのもいいと思います。

 

あと個人的にいいなと思うのが、高カロリーの夜食を食べてしまう、という方。
夜食やお菓子の変わりに、ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーを飲むことでカロリーが抑えられるのなら、ダイエット効果アリかと思います。

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーは「ミネラル酵素グリーンスムージー」という名前でもあり、
体の燃焼に必要な酵素が入っています。酵素は加熱するとなくなってしまうので、摂取しにくい成分でもあるので、ドリンクで取れるのはいいですね♪

 

 

朝食に置き換えをするのではなく、お昼に、ご飯の量を減らして、プラスグリーンスムージーというケースもアリかもしれないですね。
グリーンスムージーというと、お洒落なボトルで持ち歩いているイメージがあるのですが、、
粉末タイプのグリーンスムージーの持ち歩きってどうなんでしょうか。

 

 

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーを水筒やシェイカーで持ち歩く?

 

ナチュラルヘルシースタンダード グリーンスムージー

 

グリーンスムージーを水筒に入れて、持っていきたい、という場合はどうしたらよいのでしょうか?
普段使っているような水筒に入れるのはオススメ出来ないような気もします。

 

でも、朝に作ったグリーンスムージーを会社のランチに置き換えたい・・・という場合、持ち運ぶ水筒を選ぶ必要があります。
オススメボトルなどはあるのでしょうか?

 

 

オススメは500mlサイズ

 

グリーンスムージーを持ち運ぶのに適していると言われているのがナルゲンというメーカーの樹脂ボトルです。

 

口が広く、粘度があるスムージーでもさっと飲みやすいのが特徴です。
飲み終わった後に洗う場合も、口が大きいのでしっかり底まで洗うことが出来て衛生的で良いです。

 

持ち運びにはサイズ感も大事。
大きすぎない500mlがオススメで、デザインも豊富なので色々と選ぶことが出来るのも楽しいです♪

 

好みのボトルで手作りスムージーを会社でランチとして摂るというのもダイエット期間ならではといったところでしょうか?

 

 

保冷力、断熱性に優れていること

 

グリーンスムージー

 

またナルゲンというメーカーは保冷力、断熱性に優れていますから、グリーンスムージーが傷むのを予防してくれます。

 

スムージーを持ち運ぶために最も重要なのはボトルの大きさもありますが、断熱性にもチェックをしたいところです。

 

そんな中、ナルゲンのボトルでスムージーを持参してオフィスで飲んでいる人もいるようです。
ということは、、水筒に入れて持ち運んでもグリーンスムージーは大丈夫、といえるのではないでしょうか。

 

ただし、上記にあげたとおりに断熱性に優れており、保冷性があり、また口が広く、色々とデザインが楽しめるものが良いでしょう。

 

また、朝作ったスムージーは午前中に飲み切ることが鉄則です。
どうしても発酵が進みますから、夏場などは避けた方がいいかと思います。

 

ボトルの中で発酵し始め、どんどん膨れてオフィスの机の上が緑色に・・・
ということを避けるためにも、しっかり真空のボトルを選びたいものです。

 

 

やはり、おすすめはその場で作ること。

 

グリーンスムージー

 

 

ただ、個人的には作り置きは反対で、粉末タイプとシェイカーと水があれば簡単に作れるので、
その場で作って飲むのが一番かな、と思います。

 

理由はその方が美味しいからです。衛生面でも安心です。

 

 

例えば水を自販かコンビニで買ってさえいけば、会社などに粉末のスムージーをシェイカーを置いておけば、
お昼時間になってすぐに作って少し置けばとろみのついたスムージーになります。

 

その方が新鮮でおいしいでしょうし、衛生面でも安心ですよね。

 

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーのシェイカーはシャカシャカ振っても漏れにくいのでおすすめです。
デザインもちょっと可愛いですよ♪

 

 

 

ナチュラルヘルシースタンダードの口コミ/味が豊富なミネラル酵素グリーンスムージーTOPへ